Excel VBA編

WorksheetFunctionの使い方①

ファイルをダウンロード

<問題>

  A-B列のマスターからD列の名前をキーとして合計を出すマクロ   

<回答>  

   ① 素直にWorkSheetFuntionを使わず書くと、図1の通り長くなる。
   ② WorkSheetFuntionを使うと、図2の通り短くなる。

WorksheetFunctionの使い方②

ファイルをダウンロード

<問題>

  D-E列のマスターからA列の商品をキーとしてB列に単価を入れるマクロ

<回答>  

   ① 普通にマクロを書けば、図2の様オブジェクト関数のSETを使用しなければ
     ならずマクロが難しくなる(図1)
   ② WorksheetFunctionを使うと馴染みのVLookUp関数で簡単にできる(図2)

WorksheetFunctionの使い方③

ファイルをダウンロード

<問題>

   C2に入力した名前がA列に無ければ、A列の最後に追加するマクロ

<回答>  

    ① 普通にマクロを書けば、図2の様に長くなる(図1)
    ② WorksheetFunctionを使うとCountIf関数で簡単にできる(図2)

WorksheetFunctionの使い方④

ファイルをダウンロード

<問題>

   A-B列のマスタの中から数値の順位(1-3位)の数値をE列に入れるマクロ

<回答>  

    ① Large関数を使えば図の通り簡単にできる

WorksheetFunctionの使い方⑤

ファイルをダウンロード

<問題>

   A-106xxの様にD列のマスタにデータが無い場合マクロを実行すると
   エラーが出る場合の対処方。

<回答>  

   ① マクロを実行するとエラーが出る(図1)
   ② エラー処理をするとエラーが回避される(図2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。