入力規則

入力規則で、勝手なことをさせない 究極の設定

ファイルをダウンロード

1.特定のセルに数式を入力させない

  ① 入力規則のユーザー設定を利用  (図1)
    「データ」-「データの入力規則」
    =ISERROR(FORMULATEXT(A5)) 


  ② A5セルに数式を入力すると、メッセージを表示

2.文字数を入力制限する(1文字~3文字)(D4セル)

  ① 入力規則の文字列(長さ設定)を利用
  ② D4セルを選択
  ③ データの入力規則の文字列(長さ指定)を選択
  ④ 最小値=1、最大値=3 を入力

  ⑤ D4セルに4桁の数字を入れると下図のようにメッセージがでる。

3.土日不可の設定

  ① 入力規則のユーザー設定を利用
   ② =AND(TEXT(E3,”aaa”)<>”土”,TEXT(E3,”aaa”)<>”日”)

4.開始日から終了日まで3日以内の場合のみ入力可能

  ① 入力規則のユーザー設定を利用
  ② =E4-E3<4

5.セル範囲の中に入力は3つ以内

  ① 入力規則のユーザー設定を利用
  ② =COUNTA($D$1:$D$26)<4

6.文字(名前)の中に半角が必要

  ① 入力規則のユーザー設定を利用
  ② =ISERROR(FIND(” “,#REF!))=FALSE

7.名前が“ア”で始まる人専用

  ① 入力規則のユーザー設定を利用  
  ② =LEFT(PHONETIC(E4),1)=”ア”

8.入力禁止(何も入力できない)

  ① 入力規則のユーザー設定を利用
  ② =E3=“”

入力規則でリストを連動させる

ファイルをダウンロード

[課題]

 ▢ A列に地域(東京、大阪、広島)をリストに出し、地域リストに応じた
   名前をB列にリスト表示する。

  ① A1:B2をテーブル化
  ② D1:F1に「地域」で「名前定義」
  ③ D2:D4に「東京」で「名前定義」
  ④ E2:E5に「大阪」で「名前定義」
  ⑤ F2:F6に「広島」で「名前定義」
  ⑥ A2に入力規則でリストで数式欄に「=地域」と入力

  ⑦ B2に入力規則でリストで数式欄に「=INDIRECT($A$」と入力
  ⑧ B2をB3:B4にコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です